プロフィール プロフィール

上田 ゆういち

Author:上田 ゆういち
~ゆういちのブログへようこそ~
<武雄市議会議員 上田雄一>

みなさまのお蔭様で市議会へ・・。
最年少市議として、若さと行動力を身上に新武雄市の発展に全力でぶつかります!
市民の皆さま、ご意見をお聞かせ下さい。
メールyuichi.kouenkai@gmail.com


最近の記事 最近の記事

最近のコメント 最近のコメント

最近のトラックバック 最近のトラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリー カテゴリー

FC2カウンター FC2カウンター

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索 ブログ内検索

RSSフィード RSSフィード

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~
新武雄市のまちづくりに34才の挑戦が始まった(現在43才)! 「とにかくがんばる!」 しかない日記です。

  まずカテゴリーを選ぶと、見やすいですよ。
センバツも凄い 【2017/03/27 06:25】 子どもたち
昨日の高校野球は凄かったですね!

福岡大大濠高校vs滋賀学園は延長15回1-1で再試合。

福井工大福井vs健大高崎は延長15回7-7で再試合。

凄かったですね!

どちらも一歩も引かない試合で手に汗握る展開でした。

高野連の判断も素晴らしかったと思います。

一度は今日の第四試合に組み込んだものの再変更で明日に再試合2試合を決定。

往々に一度決めた日程なんで・・・となりそうなところですがよく再変更をされたと思います。

選手中心に考えられた結果だと思います。

応援団はホテルなど延泊しなければならないのは大変かもしれませんが皆さん納得されるのではないでしょうか。



今日の一言
「目が離せないような試合ばかりで楽しいですね」

スポンサーサイト
卒園式 【2017/03/26 06:49】 子どもたち
昨日は日頃よりお世話になっている保育園の卒園式へ。

今年は21名の園児たちが元気に保育園を巣立っていきました。

卒園児のお父さん、お母さんの目には涙。

私も我が子が卒園したころを思い出し思わずもらいそうでした(^▽^;)

小学校へ進むとこれまでより増していろんな事があるでしょうけど楽しく健康な毎日を過ごしてもらいたいですね(^^)

私からは卒園児の皆さんに毎年同じ事を伝えさせて頂きました。


卒園児の皆さん、保護者の皆さんご卒園誠におめでとうございます。




今日の一言
「自分の子どもよりもよそ様の子ども達の成長って尚更早く感じますね」

佐賀県第二区青年局役員会 【2017/03/25 06:43】 仲間
昨日は佐賀県第二選挙区支部青年局役員会。

真新しいメンバーで初の役員会となりました。

主には年次計画等を協議しながら懇親を深めた訳ですが、みんな素晴らしい方ばかりでこれからの二年間を充実したものに出来そうです。

一致団結で事業を実施出来そうです。



今日の一言
「アグレッシブな協議が出来ました」

なんかいいな 【2017/03/24 06:54】 みんなの声
ネットで見つけた心温まる記事。

ホッとする記事。

高校球児の親だからだろうか目頭が熱くなる自分がいました。

以下

「21世紀枠」の多治見高(岐阜)が21-0で報徳学園高(兵庫)に敗退した試合。
「報徳は強いでしょう。野球なんか知らん私らだって知っとる高校やもんで、このぐらいやられるのは仕方ないのかもしれんけど、あの普通の高校生のあの子たちが、この甲子園で野球やってるのがすごいですよ。私ら、勝ち負けより、甲子園のあの子ら見られただけで、もう十分満足ですよねぇ」
 勝っているチームの応援団のような高ぶり。
 よかった……と思った。いいな、とも思った。
学校があそこにあるのはわかっているのだが、はて、いったい野球部はどこで練習しているのやら。地元代表といわれても、その姿を一度も見たことのない“まぼろしの地元校”が増えていく中で、いつも通るいつものあの子、ひょっとしたらその子の名前も親の顔もよく知っていて、そういうあの子が甲子園の大舞台で一生懸命プレーをしている、信じられないような光景。そんな感動を与えられるのは、今の「甲子園」ではこの制度で出場してくる選手たちだけなのではないか。
21世紀枠、なんか、いいな。
 この日、第3試合で前橋育英高(群馬)相手に大健闘した中村高(高知)には、地元からバス55台の大応援団が駆けつけたという。
 アルプスの人口密度では、中村高以上に見えた多治見高だから、もしかしたら応援バスは60台を超えたのかもしれない。
 卒業生もたくさんいたのだろうし、親戚、家族、もちろん在校生だって。しかし、その中に、「いつも見かけるあの子」の応援に、窮屈なバス移動往復10時間にも及ぶ苦行もなんのその、勇躍甲子園に駆けつけた土地の人たちも決して少なくはなかったはずだ。
 大会5日目、静岡高(静岡)との戦いに臨む不来方高(岩手)は、10人でも野球はできる、そのことを教えてくれた。
 不足は工夫を生む。
 おそらくはそのような精神で、10人でも甲子園で野球がやれることを私たちに教えてくれた。
 センバツ高校野球・21世紀枠。
 なぜか息苦しさを覚えることのある最近の高校野球、甲子園に、ホッと軽く息を吐ける一瞬を与えてくれているようにも思う。
 21世紀枠、なんか、いいな。
 この春も、センバツの取材にやって来られてよかった。甲子園はいつも何かを教えてくれる。


というもの。

途中を省略してますがホントいい記事に出会った。

なんかいいと感じました。




今日の一言
「聖地で出来る球児たち、それを応援出来る皆さんが羨ましい」

侍ジャパン惜敗・・・ 【2017/03/23 06:52】 みんなの声
ワールドベースボールクラシック準決勝。

日本vsアメリカ。

初回から息詰まる投手戦。

一点先制を許すも本塁打で同点。

終盤アメリカに勝ち越しを許すも日本代表は意地を見せてくれたような気がします。

チャンスを作るもあと一本が出ず・・・

敗戦。

惜しかったなぁ~。

決勝へ臨む日本代表を観たかったなぁ~。


残念。




今日の一言
「投手陣の意気込み凄かった」