FC2ブログ

プロフィール プロフィール

上田 ゆういち

Author:上田 ゆういち
~ゆういちのブログへようこそ~
<武雄市議会議員 上田雄一>

みなさまのお蔭様で市議会へ・・。
最年少市議として、若さと行動力を身上に新武雄市の発展に全力でぶつかります!
市民の皆さま、ご意見をお聞かせ下さい。
メールyuichi.kouenkai@gmail.com


最近の記事 最近の記事

最近のコメント 最近のコメント

最近のトラックバック 最近のトラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリー カテゴリー

FC2カウンター FC2カウンター

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索 ブログ内検索

RSSフィード RSSフィード

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~
新武雄市のまちづくりに34才の挑戦が始まった(現在48才)! 「とにかくがんばる!」 しかない日記です。


何か動いてる? 【2020/04/30 06:32】 みんなの声
つい先日の4月27日のブログで書かせて頂きました。

28日の佐賀新聞に国の動きの記事が掲載されてました。

そして昨日のテレビなど報道では急に話題になってきました。

9月入学の話。

報道ではメリット、デメリットをテロップに作成されていた。

観てがっかり・・・。

メリットはさておき9月入学によるデメリット・・・。

「8月に卒業しても企業は4月入社で空白ができる」

そんなものこれからの時代を担っていく子ども達が8月卒業なら9月入社にすればいいんじゃない。

「卒業して入試までの空白ができる」

それも全く同じこと。

「部活動や大会への影響が大きい」

寒暖の差、地域毎の季節の事は考えないといけないでしょうけど9月入学に伴いこれまで様々実施されてきたインターハイや中体連などもこれを機に日程見直せばいいんじゃない。

受験なども考慮しながらの実現可能な最適な日程を早急に洗い出せばいいんじゃないかと。

一番の問題は今4月2日から翌年の4月1日までが一つの同級生としての学年。

9月入学でそのくくりを変化させるとなればハードルは高くなるでしょうけど9月入学になったとしてもその同級生のくくりは変えなければ何とかなりそうな気がします。

もちろんそれに関しては弊害はありますが・・・だって現制度では卒業時期というか年度終了時は全員が同じ年になってますが8月卒業となると同じ年で卒業とはならないから・・・。

でも、それもあくまでもその時だけの話であって今でも2月生まれの私と4月生まれの同級生で同じ年になってる時期はほんの1ヶ月ほど。

大した問題ではない。

それよりも子ども達の青春の確保する事の方が大事じゃないかなと。

様々な諸団体の総会など概ね4月から5月に行われる。

そういう事業も9月から10月に行ったらいいんじゃない。

ついでにと言っては何ですが夏休み、冬休み、春休みも一考してみてもと思っているのは私だけでしょうか・・・

報道で見ましたが5月中に決断しなければ今年度の実現は難しいというものを見ました。

未来の子ども達のために緊急にまとめ上げるべきと思うし不可能な話ではないような気がするけど。

もちろん企業の決算や申告、採用などクリアすべき事は多種多様で様々な企業の皆さまをはじめ社会全体の理解と協力が必要ですが・・・





今日の一言
「そういう意味からも9月入学は充分ありだと思いますが」

スポンサーサイト



Web会議 【2020/04/29 06:36】 仲間
昨日は自民党佐賀県連青年局によるWeb会議。

私はと言うと身内に不幸があり葬儀参列のため参加出来ませんでしたが、ちょっとだけ合間を見て参加。

2020-4-28-1.jpg

以外にスムーズにいけるんじゃないかなと思いました。

本会議はそうはいかないかもしれませんがそれ以外の議会の場でも活用できるという実感を持ちました。

もちろん教育の現場でも同様です。

いろんなツールを使ってこそできる事って色々ありますよね!



今日の一言
「いろんな可能性を実感する事が出来ました」

私が目指していた手法 【2020/04/28 06:59】 市議会
2020-4-27-1.jpg

台湾ではコロナ対策として感染防止に効果を発揮しているという報道を目にする機会が多い。

中でもマスクの販売場所をリアルタイムに地図上で標記して国民に知らしめているというもの。

私がこれまで市議会の中で再三提案している手法。

これまでの提案はもちろんコロナ対策での提案ではなく災害に関する情報発信。

マスクの販売状況ではなく冠水情報などの交通情報であったり災害による避難情報などの救援情報など。

質問した事で火災現場を特定する情報などは既に実施して頂いておりますが更に水利情報であったり消防積載車の位置情報などを同様の事が出来るようになれば現場指揮本部での効果、消火作業の効率は更に上がるのではないかというもの。

独自でやるとなるとそれなりに経費を要するが民間企業と組む事で民間企業のノウハウを活かし実現コスト、スピードと共に飛躍的に上がるのではないかというもの。

他国でも同様の事例がある事から日本も、武雄も取り組んでいくべきではないか。

国の方でもコロナ罹患者の情報をスマホと連動して位置情報を提供するような感じの検討がなされている報道も目にする。

時代にあった政策を常に考えていくべきであると思う。




今日の一言
「以前皆さんが普段使われているSNSアプリの方と意見交換をさせて頂いたら可能ですという事だった」

インターハイ中止・・・ 【2020/04/27 05:55】 子どもたち
今年度のインターハイが中止となった・・・

非常に残念でなりません。

昨今の状況を考えると致し方ないという見方もある一方で高校三年生が可哀想でなりません。

2020年に入りようやく新チームでの公式戦がスタートという中でコロナによる騒動。

この学年にとっては何一つ大会を実施できていないのではないでしょうか。

中学3年生にとっても同様の事が言えます。

いち早く全中体連の中止の報も入っており・・・

我慢と言っても子ども達に我慢させるのは・・・

難しい事ではありますが子ども達の青春は戻ってこないわけで・・・

せめて、せめて地区予選や県予選など・・・全国大会は中止になったとはいえ県予選は何とか実施して欲しいものです。

本来なら全国出場だった・・・そういうステータスだけでも子ども達に与えてやりたい!

率直な私の希望です。


ただ・・・

ここからは私の思い付きの一つですが・・・

日本も世界にならって9月から新年度にする事を考えてみてはいかがでしょうか

世界的に見ても学校が4月から新学年というのは極めて少ない。

この際世界にならって9月から8月までとすると今の高校三年生や中学三年生には新たな年度が数か月後からスタートする。

高校野球界においても甲子園のチャンスはこれまで5回しかない。

3年間の高校野球シーズンで6回のチャンスではなく5回。

1年春のセンバツには出場できず3年夏でシーズンが終わる。

何かおかしくないですかね。

このやり方にすると1年生が1年春の出場も可能になる。

既に数か月ほとんど学校での授業も受けられていない。

9月開始となればまだまだコロナの状況に応じて数か月休校措置をとったとしても授業時数を確保する事に何の問題もない。

これから数か月で調整が取れるとも思わないがこの有事を逆手にとって1年生は来年の8月末まで1年生としてもいいのではないでしょうか・・・

あくまでも思い付きですが子ども達を救済するのはこれしかないような。

この方法をとれさえすれば今の3年生でもラストシーズンを全て実現する事が可能になる。

更に海外留学を考えても9月から8月までが概ねの時期。

現状では留学して帰ってくると一年卒業が遅くなる。

それも現状で考えてみればおかしいと思う今日この頃であり・・・

主要各国にならいと考えてもいいのではないか。



全国的、世界的な有事の時ですのでむしろこのピンチをチャンスととらえられれば・・・。




今日の一言
「卒業や入学を巻き戻すのは不可能なので今の学年を半年延長という考えはアリ?ナシ?」

GW突入か 【2020/04/26 06:24】 みんなの声
世間では事実上のゴールデンウィーク突入なのでしょうか

本来ならば娘も帰省するつもりでいましたが、流石に昨今の社会情勢を踏まえて帰省を断念してもらいました。

万が一帰省していたとしたら恐らく家にはほとんどおらず久しぶりの旧友との再会で遊びまわってたでしょうから感染拡大を助長する事に繋がっていたかもしれませんので・・・

残念でなりませんが現状からは仕方がない事です。

今夏の帰省に向けてガンバってもらいたいものです。



今日の一言
「GWの風物詩でもある陶器市の中止も残念ですが仕方ないですね」

会派代表者会 【2020/04/25 06:27】 市議会
昨日は議会は会派代表者会が開催されました。

4月30日に臨時議会の予定で動いておりました。

しかしここ数日のクラスターの影響で臨時議会を開催すべきか専決を行い事後承認という形をとるべきかというのが話の中身。

各会派の代表者が集まり協議。

もちろん双方の意見が出され結局は議長副議長に一任する事で決定をみました。

会議のあり方もこの際検討していかなければなりません。



今日の一言
「代表者会においても10数人の方が一部屋に集まるので改善急務」

県内20名になりました 【2020/04/24 06:22】 みんなの声
遂に佐賀県も新型コロナウイルス罹患者が20名を超えました。

と思っていたら一気に30名近くになってしまいました。

もちろん既に回復し日常生活に戻られた方もいらっしゃるようですが。

着実に増えているのは心配です。

しかも18例目、19例目以降はほとんどで武雄に密接に関係していそうな状況。

正直なところ何となくではありますが潜在罹患者がいらっしゃるのかもと心配していましたがどうなんでしょう・・・。

嫌な予感が当たらなければいいんですが。

やはりここに来て重要なのがうがい手洗いマスクの徹底のようです。

報道を見ての話ですが手洗いも2分半~3分程度時間をかけてしっかり手洗いが必要のようです。



今日の一言
「いよいよ、か・・・」

何とか実現して欲しい 【2020/04/23 06:32】 子どもたち
先日の新聞記事。

2020-4-22-1.jpg

まだ本決まりではない。

けど関係者の皆さんのご尽力は伝わる記事。

私も同じように何とか開催して欲しい。

高校三年生にとっては高校部活の集大成。

最悪、インターハイが開催されなくなったとしても高校総体だけは何とか開催して欲しい。


この記事を受け記事掲載の21日朝から報道関係者の皆さんと意見交換を行わせて頂きました。

意見交換と言っても要望でしかなかったのかもしれません。

県内の報道関係者の皆さんで一致団結して一競技でも多くの、一試合でも多くの中継と配信をというものです。

もちろん既に水面下で様々な協議を行って頂いておりました。

ですがどこまでやれるかが不透明という話。

やれる方法全てを模索しながら実現して欲しい。




今日の一言
「その為には保護者や競技団体一致団結して実現の道を探せればいいんですが」

武雄市支援策独自支援その② 【2020/04/22 06:22】 市議会
「タケオテイクアウト大作戦 第3弾 ~おうち de 得キャンペーン~」

新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う外出機会減少により、利用客が減少している飲食店を支援するため、利用客がテイクアウトや出前を利用する際に、商品の価格の一部を補助し、市内飲食店への支援を行います。

(事業概要)
○期間:令和2年4月24日(金)~5月31日(日)の38日間
○対象施設:市内事業者:100店舗想定(手挙げ方式)
○補助率:①弁当等 料金の50%割引(上限500円)
       ②3,000円以上の大皿プレート(おかず盛り合わせ) 定額1,000円補助

感染拡大を妨げるための外出自粛。

それによる来店客減少によりテイクアウトの拡大に取り組む飲食店。

一方で収入の激減による消費の低迷。

お互いが助け合いこの局面を打開するための事業です。

飲食店の皆さんには普段よりちょっと豪華なランチやディナーに手を伸ばして欲しい。

飲食店さんには税込1,000円弁当のメニューを用意して頂きたい。

そして市民の皆さまには1,000円の価値ある弁当を500円で食して頂きたい。

飲食店さんには税込3,000円のオードブルを用意して頂きたい。

市民の皆さまには3,000円の価値あるオードブルを2,000円で食して頂きたい。

一丸となってこの局面を打開して何とか事業継続して頂く事を期待しております。




今日の一言
「コロナ終息時も元気な武雄を実現しましょう」

武雄市支援策独自支援その① 【2020/04/21 06:02】 市議会
「武雄市緊急つなぎ給付金事業」

国の「持続化給付金」は補正予算成立後、1週間程度で申請受付開始、電子申請の場合においては申請後2週間程度で給付する事が想定されており、給付金を受取るまでに少なくとも国の補正予算成立後3週間以上は日数を要する事が想定されている。

何度も言うように観光のまち武雄市にとってはそれまで持たないと私は常々警鐘を鳴らしてきました。

もちろん自民党青年局として声を上げようとアクションを試みてはきましたが県議、また他自治体議員とでは温度差があるのも事実・・・。

そういう中で武雄市では国内における感染症の拡大に伴い、特に大きな影響を受ける武雄市内の事業者に対し、早期に事業の継続、事業資金繰りを支援するため、事業全般に広く使える給付金を支給する事となりました。

給付額(上限):法人30万円 個人事業主15万円
 「前年(または前々年)1~12月の総売上額と今年1月~4月の売上額のうち前年比(前々年比)50%以上減少した月の売上を12月分として計算し、前年との差額分を給付」

対象見込みとしてはセーフティーネット保証制度申込数を参考に法人(中小)250社 個人事業主210社と見込み予算額はおよそ1億650万円。

もちろんこれで満足いくわけではないのは理解しております。

しかし、この局面をどうか乗り越えて欲しいという強い願いが込められてのつなぎ給付金事業であります。

どうか「コロナに負けるな!」

夏の豪雨災害から立ち直りつつある武雄市へ追い打ちをかけるようなこのコロナに打ち勝ち再びファイティングポーズを取れるよう市民一丸となって勝ち抜いていきましょう!




今日の一言
「がんばろう武雄!がんばろう日本!」



初めての週末 【2020/04/20 06:48】 みんなの声
県内は緊急事態宣言を受けて初めての週末を迎えました。

心なしか車通りが少ないような。

皆さん外出自粛を実施頂いていたのではないかと思えるような車取りだったような気がします。

私自身商業施設のような場所には行っておりませんので詳しい事はわかりませんが他人との接触は極力抑えながら車でウロウロしながら感じたのは皆さん自粛を実施して頂いていたのではないのかなというものでした。

武雄市では国の補償や支援が実施されるまでの繋ぎの部分をしっかり考えようとされております。

何とか実現しながら地域経済もしっかりと守っていかなければならないという強い意識を持ってこの壁に立ち向かっておりますので何とか踏ん張って頂きたいと心から願っております。

とにかく経済産業省のHPを中心にしっかり情報確保頂きながら対策を行って頂きたいです。




今日の一言
「少しでも力になれるよう私もガンバっております」

様々なご意見を頂戴しました 【2020/04/19 06:41】 仲間
昨日は町内某地区の皆さんとご一緒させて頂きました。

その際に様々なご意見を頂戴し様々な意見の交換をさせて頂きました。

会話を通じ、と言ってもほとんどの中身はコロナに関する事ばかりでしたがたくさんの皆さんから様々なご意見を頂き学びの機会にもなりました。

コロナの関係で政権の話、補償の話、教育の話、そして武雄の経済の話。

総じて皆さん地元愛が強いという事。

武雄に対する愛、日本に対する愛をしっかり感じるいい機会でした。

屋外で皆さんといろんな話をする機会を頂きホントありがとうございました。




今日の一言
「GW前に改めてこのような機会を頂く事まで約束して頂きました」

臨時議会最終日 【2020/04/18 06:05】 市議会
昨日も武雄市議会は臨時議会。

主な中身は委員会構成と正副委員長の互選。

私はと言うと・・・

今回は総務常任委員会に所属する事になりました。

その上で今回もまた委員長を仰せつかりました。

なにぶん力不足ではございますが皆さんのご協力を頂きながら職責を全うしたいと思っています。





今日の一言
「しっかりがんばって参ります」

臨時議会初日 【2020/04/17 06:23】 市議会
昨日は武雄市議会は臨時議会の初日。

選挙後丁度折り返しになる時期。

昨日の臨時議会は専決処分の承認もありましたがその前に議長選挙、副議長選挙が行われました。

投票の結果

議長には山口昌宏議員

副議長には末藤正幸議員

が当選されました。

終了後しばらくすると緊急事態宣言の対象地区を全国に拡大するという報道。

Xデーは5月6日でしょうかね!



今日の一言
「今日も臨時議会最終日です」

臨時議会へ向けて 【2020/04/16 06:18】 市議会
昨日は本日より行われる臨時議会へ向けての協議。

朝から市役所でずっと缶詰め状態でした。

と言っても私が何かをするわけでもなく・・・

それでも何とか協議が落ち着いて良かったです。

本日はその臨時議会。

内容は明日のこの場でご報告出来ればと思います。




今日の一言
「それでは行って参ります」

活プロ企画委員会 【2020/04/15 06:23】 仲間
昨日は武雄市新幹線活用プロジェクトの企画委員会。

コロナの関係でたくさんの会議が中止になる中ではありますが、新幹線暫定開業は待ってはくれません。

あっという間にやってくる。

正直なところ時間はありません。

その為にもしっかりとしたまちづくりを進めていかなければなりません。

今年度でやるべき事、来年度でやるべき事。

しっかり見極めながら着実に形にしていかなければなりません。

共に力を合わせてがんばるしかない!





今日の一言
「フル規格化への議論についても時間がありません」

意見交換 【2020/04/14 06:13】 みんなの声
昨日は終日市役所で打合せ続き。

その中でお客様もお越しになり意見交換もさせて頂きました。

コロナの影響についての対応や対策、まちづくりに関してなど様々な意見交換となりました。

若手経営者の方であり、今の若手の方がどのような考えをお持ちでまちづくりについて考えられているのか意見交換を通して学びの機会、気付きの機会になりました。

こういう時間を大事にしたいものだなと改めて考えさせられました。

いい機会、いい時間をありがとうございました。




今日の一言
「私で宜しければいつでもお声かけ下さい」

火災出動 【2020/04/13 06:25】 みんなの声
昨日も日曜でしたが朝から突然のサイレン。

先々週に続き今週も日曜日の朝から火災発生につき出動。

幸い大火にはなりませんでしたが2週間の間で町内で2件・・・。

日曜日の朝からでしかも雨天の中ではありますが各団員、関係者の皆さんお疲れ様でした。




今日の一言
「火の用心」

新ステージへ 【2020/04/12 06:40】 子どもたち
昨日はコロナの影響で予定も無くなってましたので息子の練習試合の応援へ。

新しく高校野球のステージへとコマを進めた次男。

オープン戦でしたのでいきなり出番を頂いたようでした。

およそ2年と数か月の勝負の世界。

悔いの無い高校野球を送ってもらえれば。

その貴重な第一歩。

ガンバって欲しい。




今日の一言
「今日は雨ですね・・・」

監査な一日 【2020/04/11 06:46】 みんなの声
私、武雄市スポーツ推進委員の一人でありまして

武雄市を代表して佐賀県スポーツ推進委員の監査を拝命しております。

その関係で昨日は県はもちろん令和元年度の九州大会が佐賀県で開催された関係もあり九州の監査まで行いました。

時間にしておよそ3時間ほど(汗)県庁に缶詰め。

そして終了後は県議会議員さんと意見交換。

様々な協議をさせて頂きました。



今日の一言
「県議含め関係者の皆さんお疲れ様でした」


武雄・嬉野温泉1億円キャンペーン 【2020/04/10 06:54】 みんなの声
武雄市においてコロナ感染が発生し延期されていた武雄・嬉野温泉1億円キャンペーンが昨日開始されました。

詳細は以下の通りです。

2020-4-9-1.jpg

観光の起爆剤になる事を願っています。

予算額まで到達次第終了という事のようですのでお早めに!




今日の一言
「泊まって食べて飲んで地域の潤滑を!」

入学式 【2020/04/09 05:54】 子どもたち
昨日は高校の入学式へ。

後援会会長としての最後の大仕事?

次女がお世話になってきた高校では式のスケジュールは従来通りで一つ一つの時間を短縮させる方法で行われました。

という事は私も短時間で挨拶をしなければならないというプレッシャー(汗)

そもそも、長い時間喋れませんけど(笑)

状況読めず原稿なしでの出たとこ勝負でしたので・・・

言わなくてはならないような事は言い損ない(汗)

言わなくていい事を言ってしまってたかもしれません(汗)

それでも「良かった」とか「ありがとう」などと言ってもらえたという事は最低限の事は伝わってくれたのかな(汗)

後は後援会総会が終わればお役御免となりますのでそこまでラストスパートです。




今日の一言
「この高校の入学式で一番お気に入りの合唱部の皆さんによる校歌紹介を最後に聞けなかったのが残念」

緊急事態宣言発令 【2020/04/08 06:03】 みんなの声
とうとう昨日政府による緊急事態宣言宣言が発令されましたね。

対象は東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫・福岡の7都府県。

これで充分なのかどうかは抜きにして正直遅かったのではというのが印象ですが宣言を出すまでの様々な調整など必要だったのではないかと思います。

様々な状況を考慮しながらでもアクションを起こしたという事は少なからず評価できるわけで。

今後はこの対象区域が広がらず済む事を願うばかりです。

と言いながらも区域が広がる恐れは大いにあるかと思いますが・・・そうならない事を願います。

そして期限も5月6日まで。

この期限も延長されない事を願うもの。

それにしても県内では既に11例。

徐々に徐々に発生状況は増えています。

正直心配です。




今日の一言
「GWまでどうなるか予断を許しません」

いつもの光景 【2020/04/07 06:16】 みんなの声
昨日市内の全小中学校が始業式を迎えました。

もちろん様々な対策を講じながらの対応になった事と思います。

関係者のご尽力に深く敬意を表すところであります。

何より嬉しかったのは始業式のため給食は無かったんですがお昼前後に小学生や中学生の下校風景を見れた事。

改めて日常のありがたさを感じましたし笑顔で下校する子ども達を見れた事が嬉しかった(^^)

こういう光景を見て改めて早く心配せず学校へ登校できる環境になって欲しいと思いました。




今日の一言
「一日も早い終息を願う」

今日から学校再開 【2020/04/06 06:33】 子どもたち
全国的に・・・と言っても都心部が中心だが感染拡大を見せている状況ではありますが佐賀県は今日から学校再開。

新年度の始業式。

様々な地域で感染拡大により休校延長の方針でありますが佐賀県は現在8例で感染ルートは特定されているという。

これ以上の感染拡大を生まない事が前提で待ち望んだ学校再開。

くれぐれも予防に努めて楽しい学校生活を送って欲しい。

危機管理上、再開した学校で万が一感染が起きた場合の対策、準備は現時点で既にとっておく必要があると考える。




今日の一言
「このまま終息へ向かう事を願う」

全ての予定が中止・・・ 【2020/04/05 06:05】 みんなの声
全く・・・コロナに振り回されますね・・・

昨日の土曜日も朝から夜まで本来なら5件の予定が入ってました。

朝の入園式から夜の花見まで。

でも残念ながらコロナの影響で全て中止。

こういう状況なので致し方ないと思います。

とは言え過剰反応もダメだと思います。

バランスが大事なんじゃないかなと。

不要不急の外出を避ける意味でもこういう週末は部屋を掃除したりする日にあててみても(汗)




今日の一言
「レンタルDVDなども活躍してそうですね」

佐賀県で4人目・・・5人目・・・ 【2020/04/04 06:31】 みんなの声
昨日またもや県内で新型コロナウイルス感染の方が出ましたね。

相変わらず県は情報を小出ししてます。

それで発する言葉が「コントロール出来ている」。

本当にコントロール出来ているのかなぁ~。

必要な情報を出さずコントロール出来ている・・・

説得力・・・

難しい・・・

でも、問合せはスゴイ数で頂いてます・・・




今日の一言
「目に見えない敵と戦う難しさですね」

災害復興対策特別委員会 【2020/04/03 06:10】 市議会
昨日は武雄市議会に設置されている災害復興対策特別委員会が開催されました。

各委員から様々な質疑や意見が出されました。

私からは市中での感染拡大を防ぐためには現在県からの情報だけでは不足ではないか。

県からの一方的な情報だけでなく市で独自の調査ができるのかと質問しましたが県からの情報以外持っていない事が判明し、これを受けて委員長に対し武雄市議会として佐賀県に対し情報を小出しするのではなく感染拡大を防ぐために情報をしっかり共有する事を要請すべきと意見を述べさせて頂きました。

感染拡大を防ぐためには自らの予防以外にはありません。

手洗いやうがいもそうですが感染拡大地域への往来についても慎重にお願いしたいものです。

その上でもし体調の異常を感じられたり、不安を感じられたら4月の市報で全戸配布されますが

2020-4-2-1.jpg

こちらを参考にして頂けたら幸いです。




今日の一言
「感染拡大しない事を望みます」

武雄でも・・・ 【2020/04/02 06:20】 みんなの声
遂に武雄でも出てしまいましたね。

いつかはと思っていましたが。

しかし、それにしても情報が少なすぎる。

ここで注意して欲しいのは個人を特定するような動きはあってはならない。

ただ市中感染拡大を防ぐためには感染者が発症するまでの行動履歴などはある程度明らかにしなければならないと思っています。

濃厚接触者はもちろん濃厚ではない接触者の可能性がある方について誰が感染の可能性があるのかは考えるべきではないかと思うのは私だけでしょうか。

発生直後、委員長に対し議会の災害対策特別委員会の開催を要求し本日開催されますので確認してみようと思います。




今日の一言
「感染拡大を防ぐ危機管理の意識が必要です」

今日から新年度 【2020/04/01 06:01】 みんなの声
今日から新しい年度のスタートですね!

昨日は県庁へ行って参りました。

2020-3-31-1.png

新幹線について早期の協議入りを要請する要望書を県へ提出して参りました。



今日の一言
「早期の協議入りを求む」