FC2ブログ

プロフィール プロフィール

上田 ゆういち

Author:上田 ゆういち
~ゆういちのブログへようこそ~
<武雄市議会議員 上田雄一>

みなさまのお蔭様で市議会へ・・。
最年少市議として、若さと行動力を身上に新武雄市の発展に全力でぶつかります!
市民の皆さま、ご意見をお聞かせ下さい。
メールyuichi.kouenkai@gmail.com


最近の記事 最近の記事

最近のコメント 最近のコメント

最近のトラックバック 最近のトラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリー カテゴリー

FC2カウンター FC2カウンター

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索 ブログ内検索

RSSフィード RSSフィード

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~
新武雄市のまちづくりに34才の挑戦が始まった(現在47才)! 「とにかくがんばる!」 しかない日記です。


いのしし 【2009/01/30 08:17】 みんなの声
 農作物のイノシシ被害が深刻なのは周知の通りです。武雄市ではこれまで市長の議会答弁などでも明らかになっていますが4月をめどに「いのしし課」(仮称)を新設する方針。駆除したイノシシ肉はブランド化して売り込む狙いのようです。

 武雄市の被害は、06年度が山間部を中心に水稲と大豆で1570万円、07年度が水稲で463万円。人の被害はないが、夜になると車と衝突したり、市街地近くまで出てきたりしており、実際私も山道だけでなく街中でも遭遇した事もありそれほど事態は深刻です。

市は毎年7~10月を駆除期間にして地元猟友会に駆除を依頼しており、期間中、06年度は1411頭、07年度は797頭を駆除した。 今年度は1頭6千円の捕獲報奨金を895頭分、予算化したが、駆除は1541頭に上り、猟友会から追加要請が出ているという。報奨金が出ない11月~翌年3月の狩猟期間にもほぼ同数が駆除されており、人口約5万人の市に約3万頭のイノシシが生息していると推測されている。

 毎年の被害に困り果てた市が考えついたのがイノシシ肉を特産品にし、ブランドに育て上げる手です。昨年4月、レモングラスを市の特産品にしようとレモングラス課を新設した際に「いのしし係」を設置。レモングラスの販路を利用して、東京、大阪など大都市圏への売り込み策を探ってきた。いのしし係と、これまで駆除を担当してきた農林商工課農政係の一部を今春統合し、「いのしし課」を新設する方針だ。

 「武雄地域有害鳥獣等加工処理組合」では国と市の補助を受け、総事業費2千万円で同市山内町鳥海に武雄地域鳥獣食肉加工センター「CHOTOTU―MOUSIN」(猪突猛進)を建設している。約50平方メートルに処理室や包装室などを備え、年約200頭を処理できる。3月から試験稼働する計画で、今後他の自治体からも注目されそうです。


今日の一言
「いのししを使った武雄ならではの名物料理が出来ないかなぁ~」
スポンサーサイト





この分類に対する登録済みサイト

この分類に対するサイトの登録














管理者へのメッセージ(リンク登録しません)


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://uedayuichi.blog54.fc2.com/tb.php/1028-2673dd47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)