FC2ブログ

プロフィール プロフィール

上田 ゆういち

Author:上田 ゆういち
~ゆういちのブログへようこそ~
<武雄市議会議員 上田雄一>

みなさまのお蔭様で市議会へ・・。
最年少市議として、若さと行動力を身上に新武雄市の発展に全力でぶつかります!
市民の皆さま、ご意見をお聞かせ下さい。
メールyuichi.kouenkai@gmail.com


最近の記事 最近の記事

最近のコメント 最近のコメント

最近のトラックバック 最近のトラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリー カテゴリー

FC2カウンター FC2カウンター

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索 ブログ内検索

RSSフィード RSSフィード

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~
新武雄市のまちづくりに34才の挑戦が始まった(現在48才)! 「とにかくがんばる!」 しかない日記です。


さっさと動け!! 【2011/03/17 08:06】 みんなの声
昨日、武雄市はタウンステイ構想を打ち出した。

被災された皆さんの身になって考えられた結果生まれた構想。

つまり被災していない地域への受入確保策。

同じ事を先日話していたばかり…。


その上で、国は何をやっているのかと言いたくなる…。

被災者に救済が必要不可欠。

更には福島原発の対応が必要なのもわかる。

その上で必要なのは国の大号令。


マンパワーは限られている。

だったら、地方に出来る事は地方に任せる事が必要。

支援物資の状況も格差が生まれているようです。

つまりある所には余りつつあるのに無い所には全く無いという状況という。

今回の被災は広範囲。

であれば、地域毎に支援の担当を決めるべきではないでしょうか。

例えば、宮城県は東海地方で担当する、福島県は関西地方で担当して密に連携を図ると言った方法。

更には何々市は佐賀県でという方法をとって助かる命を助ける術を行うべき。


今回の被災も地域間の差があるハズ。

それに対応する為には国が主導するべきではないでしょうか。

なにをやってる日本国。

さっさと動け!!



今日の一言
「助かる命を助けよう」
スポンサーサイト





この分類に対する登録済みサイト

この分類に対するサイトの登録














管理者へのメッセージ(リンク登録しません)


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://uedayuichi.blog54.fc2.com/tb.php/1801-d1318d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)