FC2ブログ

プロフィール プロフィール

上田 ゆういち

Author:上田 ゆういち
~ゆういちのブログへようこそ~
<武雄市議会議員 上田雄一>

みなさまのお蔭様で市議会へ・・。
最年少市議として、若さと行動力を身上に新武雄市の発展に全力でぶつかります!
市民の皆さま、ご意見をお聞かせ下さい。
メールyuichi.kouenkai@gmail.com


最近の記事 最近の記事

最近のコメント 最近のコメント

最近のトラックバック 最近のトラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリー カテゴリー

FC2カウンター FC2カウンター

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索 ブログ内検索

RSSフィード RSSフィード

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~
新武雄市のまちづくりに34才の挑戦が始まった(現在47才)! 「とにかくがんばる!」 しかない日記です。


審議会傍聴 【2012/02/02 07:54】 みんなの声
昨日は佐賀県立高等学校生徒減少期対策審議会の傍聴のため県庁へ。

2012-2-1.jpg

10人ほど用意してあった傍聴席は満員。

しかも、そのほとんどは武雄市の教育委員さん方。

武雄市教育委員の熱心さ、一生懸命さが伺えます。


議事の事項は
1、県立高校の望ましい規模
2、県立高校の再編基準
3、県立高校の適正配置
4、県立高校の通学区域
でありました。

平成14年2月5日、10年後を見据えた佐賀県立高等学校再編整備審議会の答申。

平成23年度を1つの目安として検討する事が明記されている。

県内中学の平成13年3月卒業者数12,100人に対し平成23年3月の卒業者数は9,168人。

その差およそ3,000人。

今後、10年後の平成33年3月の卒業見込み者数は7,978人と更に1,000人余りの減少。

平成2年3月の14,458人のピークからすると10年後にはおよそ半分になる傾向という・・・。

それを思うとはっきり言って「再編整備待ったなし」ではないだろうか。

しかし、具体的な話はなく理想的な規模は40人の4学級から8学級としながらも3クラスでも持続可能であれば認める見解の審議会。

その3クラスで既に運営している高校は県内に10校。

10年後までの1,000人減少を考えれば全校が持続可能なのか疑問。

そこを考えると再編整備をしなければならない。


ただ、現状を考えると3クラス運営の高校10校の内6校は西部学区。

西部学区の生徒数減少はあるものの通学の利便性を考えて佐賀市を含む中部学区に集中しているのは明らか。

県教委が示している学区の振り分けを見てもおよそ3分の1にあたる面積が西部学区とあっては通学環境の悪さは否めない。

しかし、その議論は無かった・・・。

その上「校区外の高校へ進むのは子どもが望んで行くのだから通学補助の奨学金を無くせば」という発言にも驚いた。

だって武雄の子ども達は武雄高校に行けなければ市外に行くしかなく通学手段や経費を考えて仕方なく進む子ども達もいるのに、そんな言い方はないでしょ・・・。


今回の傍聴でもの凄く発言をしたかった私ですが、傍聴人なのでそれは出来ない。

でも、今後のこの審議会の行方は注視していかなければと感じました。

他にも書きたい事は山ほどありますが、追々・・・。



今日の一言
「子ども達のために何が出来るか・・・」
スポンサーサイト





この分類に対する登録済みサイト

この分類に対するサイトの登録














管理者へのメッセージ(リンク登録しません)


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://uedayuichi.blog54.fc2.com/tb.php/2132-ec4535b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)