FC2ブログ

プロフィール プロフィール

上田 ゆういち

Author:上田 ゆういち
~ゆういちのブログへようこそ~
<武雄市議会議員 上田雄一>

みなさまのお蔭様で市議会へ・・。
最年少市議として、若さと行動力を身上に新武雄市の発展に全力でぶつかります!
市民の皆さま、ご意見をお聞かせ下さい。
メールyuichi.kouenkai@gmail.com


最近の記事 最近の記事

最近のコメント 最近のコメント

最近のトラックバック 最近のトラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリー カテゴリー

FC2カウンター FC2カウンター

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索 ブログ内検索

RSSフィード RSSフィード

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~
新武雄市のまちづくりに34才の挑戦が始まった(現在47才)! 「とにかくがんばる!」 しかない日記です。


スポーツ振興 【2006/12/13 08:00】 市議会
昨日は一般質問の内容の○教育について掲載しましたので、今日は○スポーツ振興について掲載したいと思います。

これまでの武雄は合併前は白岩運動公園のみ。みなさんご存知の通りおよそ30年前、国体が武雄で開催される事を期に設立されました。ご存知の通り老朽化は進んでおりますが、何より公式競技に適していない事の方が重要です。それでは合併後北方、山内の両町を含めた場合ではどうか?これも古い、新しいは多少違いますが、公式競技が出来るかと言うとこれもまたNG。なぜ公式競技に拘っているかというと、これからの武雄は定住人口を増やすか、交流人口を増やして税収を上げ、「にぎわうまち」にしなければなりません。企業誘致などで定住人口を増やす方法も大いに賛成です。しかし、どこの自治体も狙っている事であり、条件が折り合う為には様々な問題もあります。
また、市民の皆様の声に水道料や固定資産税の引き下げなどやはり多いのも現実です。そりゃぁ私も安いに越した事はありません。しかし、限られた税収の中、それらの金額を落とすとなると他に必ずしわ寄せが生じます。企業誘致など行うにも水道料金や固定資産税などは少なからず影響します。
福祉に投資するべきという声もありますが、それにも私は大賛成です。しかし、今財政難の現状で福祉に投資してもこれからしばらくはいいかも知れません。しかし、近い将来、我々子どもたちの時代になった時、今でも財政難、財政難と言っているのに、新型交付税等の関係もあり、今の我々以上に厳しい財政難が待ち受けている事は間違いありません。今の税収だと今のサービスが限界なんです。その為にも武雄は交流人口を増やし、外貨を獲得する事、つまり市外からのお金を取り組む事を考える必要があるのです。
武雄はこれまで、温泉を核にしたまちづくりで発展してきたまちであり、これからもそうだと考えます。これだけ全国各地に温泉があり、温泉だけで観光客を誘致しようとしても中々厳しく嬉野温泉も年々観光客は減少しております。歴史や文化だけで観光客が増えるかというとこれもまた現実は厳しい。しかし、武雄温泉のお湯の性質はかなり高い水準であり、どういう風にその温泉をアピールするかが必要になってきます。
その温泉と密接な関係にあるのがスポーツであります。スポーツ振興についてはいろいろあると思いますが、大会、キャンプなど誘致する事により、武雄はスポーツを通じてお客様に癒し(温泉)と文化を提供できるというテーマを持って取り組むべきだと考えます。いろんな大会のオファーはあります。そして、この武雄には各競技に精通した方も非常に多くいらっしゃいます。しかし、折角そういう話しがあっても、実施できる施設がないのです。チャンスを逃すような状況で、指を加えて待っている、待つしかない現状でいいのか?
施設にはコストがかかります。もちろん維持管理費もかかります。しかし、施設さえできれば、次のプランも頭にはあり、違った形で武雄はお金を生む事ができます。新幹線も追い風になり、地元の観光業に限らず、商業、農業などあらゆる経済効果が見込めるのは間違いありません。ただでさえ新幹線開通後は「嬉野有利」と言われております。今のままなら間違いないでしょう。スポーツ振興に先を行く嬉野とは、いい意味で競争し、いい意味で共同し県西部地区に折角いい温泉、宿泊施設があるのに生かしきれていない。その為にも武雄はスポーツ振興に取り組むべきなんです。皆さんのご意見お待ちしております。

今日の一言
「武雄市が潤う事が出来れば市民負担も軽減し、医療や福祉など市民サービスの向上につながる。無い袖は振れない。その為に、外貨を獲得する事が必要である」
スポンサーサイト





この分類に対する登録済みサイト

この分類に対するサイトの登録














管理者へのメッセージ(リンク登録しません)


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://uedayuichi.blog54.fc2.com/tb.php/257-659ede12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)