FC2ブログ

プロフィール プロフィール

上田 ゆういち

Author:上田 ゆういち
~ゆういちのブログへようこそ~
<武雄市議会議員 上田雄一>

みなさまのお蔭様で市議会へ・・。
最年少市議として、若さと行動力を身上に新武雄市の発展に全力でぶつかります!
市民の皆さま、ご意見をお聞かせ下さい。
メールyuichi.kouenkai@gmail.com


最近の記事 最近の記事

最近のコメント 最近のコメント

最近のトラックバック 最近のトラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリー カテゴリー

FC2カウンター FC2カウンター

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索 ブログ内検索

RSSフィード RSSフィード

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~
新武雄市のまちづくりに34才の挑戦が始まった(現在47才)! 「とにかくがんばる!」 しかない日記です。


中高一貫1次選抜 【2007/01/21 08:59】 子どもたち
県東部地区に鳥栖市の香楠中、そして県西部地区の武雄青陵中。2年目になる県北部地区の唐津東中、5年目になる県中部地区の致遠館中と県内には様々な議論をえて4つの中高一貫校が配置される。その1次選抜の適性検査と集団面接が実施された。受験したのは県内全域で2024名との事。

武雄青陵中(定員160名)417名で倍率2.61倍
香楠中(定員120名)418名で倍率3.98倍
唐津東中(定員120名)491名で倍率4.09倍
致遠館中(定員160名)638名で倍率3.99倍

と武雄青陵中が最も倍率的には低い。それでも2.61倍。1次をどの程度通過できるかは、まだはっきりしませんが(27日発表)受験したが行く事ができない子どもが多数出てくる。今後このような子ども達の心のケアが必要になるハズ。高校入試のように不合格ならば「あそこの問題で悩んで結果的に間違ったもんなぁ~」とか「面接であがん言うたけんかなぁ~」などと失敗したと納得できるんではないかなと、誰のせいでもない自分のせいだと納得できる。抽選ならホントに運次第。小学校6年生の進路を抽選で決めていいのか…?以前、県の教育委員会の方に問合せに行った時
「なぜ抽選をするのか?子ども達の側に立って考えてもらいたい」
に対し
「義務教育の範囲であり、入試というスタイルをとる事はできない。もし仮にそうすると塾通いなどが更に進み受験競争の激化を招く事になる。」
そりゃあ受験競争の激化を生む事もあるだろう。塾通いできる子ども出来ない子どももいるだろう。各家庭でもかけられる教育費の違いもあり、それこそ教育格差をつくる原因にもなる懸念がある事はわかる。しかし、抽選という方法には未だに疑問が残る。今後も注目していきたいと思う。

今日の一言
「今思うのは絶対行きたいとより強く思っている子ども達の合格を願うばかりである」
スポンサーサイト





この分類に対する登録済みサイト

この分類に対するサイトの登録














管理者へのメッセージ(リンク登録しません)


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://uedayuichi.blog54.fc2.com/tb.php/296-3469c377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)