FC2ブログ

プロフィール プロフィール

上田 ゆういち

Author:上田 ゆういち
~ゆういちのブログへようこそ~
<武雄市議会議員 上田雄一>

みなさまのお蔭様で市議会へ・・。
最年少市議として、若さと行動力を身上に新武雄市の発展に全力でぶつかります!
市民の皆さま、ご意見をお聞かせ下さい。
メールyuichi.kouenkai@gmail.com


最近の記事 最近の記事

最近のコメント 最近のコメント

最近のトラックバック 最近のトラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリー カテゴリー

FC2カウンター FC2カウンター

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索 ブログ内検索

RSSフィード RSSフィード

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~ 武雄市議・上田ゆういち ~ただいま奮闘中~
新武雄市のまちづくりに34才の挑戦が始まった(現在47才)! 「とにかくがんばる!」 しかない日記です。


子どもたちのイベント 【2006/06/26 18:36】 子どもたち
少子化の影響で子どもクラブのイベントに参加する子どもや行政区が少ないのは昨日も書きましたが、先日の一般質問でも話しましたが少子化対策の一つの方法として私は頑張る我が子を応援する楽しさを理解する事が最も子どもが欲しいと思う時だと思う訳です。勉強にしろスポーツにしろ遊びにしろ、いろいろあると思います。その中でもスポーツが最も見る喜びを知る事ができると思う訳ですが…。
スポーツフェスタで行われるキックベースとミニバレー。ある父兄さんが話をしているのを聞いていると「ウチの子はミニバレーをしたがっているけど、ウチの区は不参加。他所の区と合同だったり、下級生を交えて出場する事はできないのか?」に対し「下級生は無理だから…、親も大変やけん中途半端にミニバレーとキックベース両方に出るよりもキックベースに専念した方がよかもんね。女の子でもキックベース出れるけんが…。」とこういう会話が…。
どちらも出れないような小さな地区ではまだ贅沢な悩みかも知れない。しかし下級生を出したり、他所の区と合同でも出る方法があるのであれば出るべきではないかと自分は思う。子ども達の意思を尊重するべきだと思う。実際自分も小2の春休み、すぐ3年という時期に少年野球を始めた。毎年夏休みに子供クラブのソフトボールが行われていた(半年もしないで運動音痴の自分はキャッチボールすらまともにできなかった)。人数の少ない地区でいきなりサードで出されていた。はっきり言って怖かった。当然毎年一回戦で負けていた。でも楽しかったし、今ではいい思い出だ。6年生になった時初めて1勝できたと思ったらそのまま優勝できた。自分を含め当時一緒に頑張った同級生3人は、全員商売人の息子で後を継いでいるが、その経験が今でも生きていると思う。最初から上手い人はいない(いるかもしれないけど少なくとも自分はそうだった)子供クラブの役員さんが決める事で口出しはできないが、子ども達そして父兄の意思を尊重して欲しいと思った。親が、役員が大変だからという理由は論外だと思う。何のためのイベントかを改めて考えさせられる会話だった。
スポンサーサイト





この分類に対する登録済みサイト

この分類に対するサイトの登録














管理者へのメッセージ(リンク登録しません)


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://uedayuichi.blog54.fc2.com/tb.php/89-d179cb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)